治験コーディネーターの主なお仕事とは?

治験コーディネーターは治験に関わる業務全般に携わるため仕事の数がとても多いです。 色々な仕事がありますが、特にメインとなるお仕事は被験者への治験内容の説明やメンタルケアのサポートです。 これをインフォームド・コンセントと言います。
助産師の求人をお探しの方

インフォームド・コンセントは治験責任医師に 同席をしてサポートをするのですが、 被験者には治験に参加するということを同意 してもらわなければなりません。

インフォームド・コンセントは治験で使用される新薬について どのような効果があるのかといった良い点、 どのような有害事象があるのかといった悪い点も両方共伝えます。

ですので治験薬を使えば自分の病気が治るかもしれない!と とても魅力的に感じる一方やはり怖いなどといった不安感もあります。 不安が強い場合は断る勇気も必要です。

そして、この時被験者へ渡す治験についての説明文書と 治験へ参加する同意書は治験コーディネーターが作ります。 勿論口頭でも治験についての説明はしますが、 やはり説明文書を呼んだだけでも内容が理解できるような わかりやすい説明文書を作成しなくてはなりません。

説明文書及び、インフォームド・コンセントで 被験者に説明する必要がある項目は治験の目的はもちろん 治験の方法、治験薬によって予測される効果と不利益、 それに対しての補償、秘密保全などです。 あと、治験責任医師の氏名、連絡先なども きちんと説明しなくてはなりません。

因みに最近はインターネットでわかりやすく治験について 説明しているサイトも多くなってきているため、 専門的な質問をしてくる被験者が多くなりました。 治験コーディネーターはどんな質問も、 正確に答えられるように準備する必要があるため やはり専門的な知識は必要不可欠となります。

実は治験って1日で終わるものから、1年かかるものまであります。 その間は被験者のフォローを行っていきます。 来院のスケジュール表から、きちんと治験薬を 服用しているかどうかの確認や服用日誌の作成など 様々なことをフォローしていきます。

治験期間が長ければ長いほど被験者との 距離も縮まっていきますのでプライベートな悩み相談や 病院の先生の悪口なんかも聞けるようです。 そうなってくると被験者とのお別れはとても寂しくなります。 しかしその分あなたも成長しているはずです。

このように治験コーディネーターは被験者と接することを 主な仕事とするためコミュニケーション能力や 明るい性格であるということなどが問われてきます。
公益社団法人 徳島県看護協会

看護師から助産師を目指すには

看護師も助産師も、人の命に関する仕事であるという点では同じだと言えます。 ですが、命の誕生にかかわる仕事をしたいと思っているのであれば、助産師のほうが専門的に学ぶことができます。

ただ、助産師の資格を取得するためには先に看護師の資格を取得しなければならないため、看護師資格を持っていないということであれば、看護師資格の取得から目指さなければなりません。

既に看護師の資格を取得しているという場合、どのような流れで助産師になることができるのか紹介します。 助産師の資格は看護師資格と同じく国家資格となっています。

そのため、助産師の資格を取得するための勉強を行い、国家資格に合格することができれば見事助産師として仕事をすることができるようになるわけです。

注意しなければならないこととして、看護師資格さえ取得してしまえば、あとは個人で勉強をして助産師の国家試験に挑戦できるというわけではありません。

助産師の国家試験を受けるためには、養成所等に通って助産師課程を修了しなければならないのです。

ただでさえ看護師になるためにも学ばなければならないことがたくさんあるので、そこから更に助産師を目指すための勉強をしなければならないということになると、道のりは簡単だとは言えないでしょう。

ただ単に看護師の上位資格だから取得をしたいという理由で看護師資格の取得を目指したとしても、途中で挫折してしまうかもしれません。

まずは、自分が本当に助産師を目指したいのかについてよく考える必要がありますね。 その中で、助産師としてどのように活躍していきたいのかを考えることも大切です。

看護師の資格を取得している人でなければ助産師になることができないといっても、助産師と看護師の仕事内容には様々な違いがあります。

苦労をして助産師になっても、自分にはやはり看護師のほうが合っていたと感じて看護師に転職する人もいるようなので、自分が本当にやりたい仕事はなんなのか深く考えたうえでどちらを選択するか決めましょう。

助産師の転職について

職種の中には転職が難しいものもありますが、助産師の場合は比較的転職がしやすい職業だと言えるでしょう。 ただ、看護師から助産師に転職しようと思った場合には新たに助産師資格を取得しなければならないわけなので、この場合は簡単に転職できるとは思わないほうがいいですね。

職場による違いはあるものの、基本的に助産師という仕事は忙しい職場が多いです。 そのため、働きながら転職活動をするとなると、いろいろ考えなければならないことがあるのです。

自分が希望する条件に沿った求人を探すためには、ある程度の時間がかかってしまいます。 仕事が忙しい中で転職活動をするというのは、簡単なことではありませんよね。

そこで利用したいのが助産師の分野に強い転職サイトです。 転職サイトは24時間いつでもインターネット上から利用することができるので、仕事の休憩時間や仕事が終わってからの時間帯を使って転職に関する情報を集めることができます。

また、看護師や助産師といった分野に強い転職サイトを活用すれば、専門的な意見を聞きながら転職活動をすることができます。 転職サイトにはコンサルタントがいるわけなので、自分に合った職場はどこか、スキルを活かせる職場はどこかということを相談しながら転職活動をしてみるといいですね。

また、転職支援サイトに登録をしなければチェックすることができないような求人情報があります。 これは非公開求人と呼ばれるものなのですが、登録した人に対してのみ公開される情報で、その他の求人に比べて好条件のものが多いというのが特徴です。

転職支援サイトを活用すると、面接対策についてもアドバイスしてもらうことができます。 中には好印象を与えることができる履歴書の書きかたについてアドバイスをしてくれるような転職支援サイトもあるので、自分一人で転職活動をするより心強いですよね。

面接に同行してくれるところであれば、転職先に直接相談しにくいことを代弁してもらうことも可能なので、理想の職場探しをするために転職支援サイトを活用してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ