病棟勤務の助産師の毎日

助産師が働く職場は複数あり、それぞれに仕事内容が異なります。 赤ちゃんはいつ生まれてくるか分からないので、助産師は24時間体制で取り組んでおり、毎日決まったスケジュール通りに働けるわけではありません。

病棟に勤務する助産師の毎日について取り上げます。 全ての助産師が同じ仕事をしているわけではなく、新生児のお世話をする担当、お産がいつ始まっても対応できるようにするための担当、出産したばかりの母親の産後指導をする担当などに分担しています。

午前中仕事が開始したら、申し送りです。 申し送りでは、陣痛があって出産がせまっている方はいないか、昨晩生まれた赤ちゃんはいないか、新生児の現在の様子、夜中に出産はあったか、検査がある場合はその内容など、勤務する病棟の全体的なことを踏まえ、本日の予定を可能な限り確認します。

申し送りが終わったあとは、自分の担当する作業につきます。 出産をサポートする担当の助産師は、もし陣痛がきた妊婦さんがいるようでしたらそばにいて、胎児の心拍、妊婦さんの状態、陣痛の間隔がどのくらいかなどを把握し、正常な出産を無事に叶えられるよう情報集めを行って、妊婦さんを励ますなどします。

出産間近な妊婦さんがいない日は、入院中の方を回って様子を確認します。 外来診療で多忙な午前中は、手伝うよう依頼が来る日もあります。 お昼休憩は前半と後半の2つに分けて、交代でスタッフがランチに入ります。

午後のスケジュールは、曜日ごとに違います。 出産したばかりの母親向けに、授乳指導や沐浴指導、新生児栄養指導などが行われ、退院をして自宅に戻ってからの育児指導にあたります。

出産をこれからする妊婦さんの外来では、母親学級を行います。 出産の準備、出産を迎える心構え、妊婦さんとしての過ごし方などについてレクチャーします。 入院する前に破水して、予定より早く病院に運ばれた妊婦さんや、入院している方が陣痛を開始した場合などには、出産の備えに入ります。

このページの先頭へ