看護師の勤務地〈企業の医務室〉

一般企業の中には医務室を設けているところがいくつもあります。 そのような医務室で働いている看護師も存在します。医務室ではその会社 の従業員の健康の管理を行う事が主な業務なのですが、そこで働く看護師 のことを産業看護師とも呼びます。

産業看護師になるためには、その会社の就職試験に受かる必要があります。 医務室勤務とは言え、その企業の社員とみなされるわけですから、 勤務地が上場企業であれば、待遇もかなり良いと考えて良いでしょう。

ただし、病院のように何人もの看護師を雇ってくれるわけではありません ので、競争率は高いと言えるでしょう。それでも病院よりも企業の数は 多いので、人気があり有名な上場企業でなければ求人も多いと期待しても 良いと思います。

また、産業看護師を目指す上で保健師の資格を持っているととても役に 立ちます。しかし保健師の資格は非常に難しいので、衛生管理者の資格 を取得することも考えてみてください。 企業で衛生管理を行う仕事であり、労働安全衛生法による国家資格で ある衛生管理者の資格は、試験を受けるために高等専門学校か大学を 卒業しており、労働衛生の実務経験が1年以上なくてはなりません。

それ以外の方は労働衛生の実務経験を3年か10年積まなくてはなりません。 もちろん試験は難しいのでしっかり勉強しなくては簡単には資格を取得 することはできないでしょう。 なお、保健師の資格取得時に衛生管理者の資格も同時に取得することが できます。そうは言っても保健師や衛生管理者の資格は必ずしも必要な わけではありません。

余程大きな企業の採用試験を受けるのであれば、それらの資格が有利に 働くかもしれませんが、一般的な企業であれば医師がその資格を持って いるので必要ないケースがほとんどです。 一般企業においては採用されやすくなるということもありませんし、 勤務しながら勉強をしていくという感じだと考えて良いでしょう。

何よりも判断しなくてはならないポイントはその企業が産業看護師の 役割をどう考えているかです。あまり従業員の健康面や安全面に気を 配っていない企業に入社してしまうと、するべき仕事がなく、 時間を持て余してしまうことになりかねません。

このページの先頭へ