多様化する看護師の働き方

看護師として働く場合、最近は医療機関に限らず、様々な業種で活躍すること ができるようになりました。しかし、慢性的な看護師不足が続いていることから、 特に介護施設や地方の医療機関などでは、人材集めに苦労しているといえます。

そのため、少しでも多くの看護師を集めるために、様々な雇用条件が提示される ようになり、働き方が多様化してきているようです。 例えば、子供が小さいため、午前中のみ働きたいという人用のシフトが設けられ ているなど、比較的働く側の希望が盛り込まれた勤務体制を用意している職場が 増えてきています。

また、看護師という職業は、手に職を持つというイメージを持つ人が多いこと からも分かる通り、自分次第では長期間に亘り仕事をすることができる職業の 1つです。

そのため、若い頃の働き方と、ある程度歳を重ねてからの働き方に違いがある だけではなく、先ほども出てきたように、ライフスタイルに合わせて働くこと も可能なことから、比較的長く続けやすい仕事だといえます。

尚、働き方が多様化しているのは、これだけが原因ではありません。 最近は特に、より様々な職場で経験を積みたいと言う人や、針刺し業務を忘れ ないようにするために、別の職場で働きたいと言う人が増えているのです。

これはどういうことかといいますと、前者の場合は、短期の仕事や単発の 仕事を組み合わせて働くことによって、様々なスキルや知識を身につけられる といった意味合いが含まれているということになります。

一方、後者の場合は、介護施設などに勤務していることから、針刺し業務が ほとんどないため、技術を忘れることがないようにとの思いが関係している ようです。

ですから、空いている時間に勤務することができ、針刺し業務がある医療施設 などで働くことを、希望する人が増えているということになります。

以上のように、看護師の働き方が多様化してきている点についてお話してきました が、最近は、看護師専門の求人サービスが増えていることもありますので、 より自分に合った働き方を見つけるためにも、活用してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ